キム・ヨジンのドラマや映画出演作とプロフィール情報【2024年版】

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

韓国女優

大ヒットドラマの重要なポジション役を演じることが多いキム・ヨジンさん。

韓国ドラマファンの間では「チャングムの医術の師匠」と言えば分かる方も多いのではないでしょうか?

イ・サン」「華政(ファジョン)」「雲が描いた月明り」などの時代劇から、近年では「梨泰院クラス」「ヴィンチェンツォ」など大ヒット話題作にも出演する演技派女優さんです。

本日は、ベテラン女優キム・ヨジンさんの最新プロフィールと、ドラマ・映画出演作を調べてみました。

ゆっきー
ゆっきー

「ドラマでよく見る助演女優さん」と言えば、キム・ヨジンさんを思い出すほど、数多くのドラマに出演されていますね!近年はどんなドラマ・映画に出演されているのでしょうか?調べてみました!

キム・ヨジン プロフィール

引用:935entertainmentより

名前 キム・ヨジン(김여진/Kim Yeo Jin)

誕生日 1972年6月24日

身長 164cm

血液型 不明

干支 子年

星座 かに座

家族 夫(キム・ジンミン),長男

出身地 慶尚南道 昌原市 馬山会員区

学歴 梨花女子大学人文科学大学(ドイツ語文学/学士)

所属事務所 935エンターテインメント

まもなく初回放送から20年を迎える現在でも、人気の高いドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」。

このドラマで、主人公チャングムの医術の師匠チャン・ドク役を演じ、その名が広く知れ渡ったキム・ヨジンさん。

ゆっきー
ゆっきー

「チャングムの医術の師匠(先生)」と言えば、分かる方も多いのではないかと思います。

私もキム・ヨジンさんを知ったきっかけが本作となります。

ちなみに料理の師匠を演じたのはヤン・ミギョンさん(ハン尚宮)ですね!

本作では、厳しさの中に優しさが見える指導者を演じ、ほっこりする場面も多かったのですが、その後の時代劇「イ・サン」では貞純王后として正祖(サン)の政敵を演じ、「華政(ファジョン)」では宣祖、光海君付きの尚宮として悪女を演じています。

常に重要な役どころにキャスティングされるため、キム・ヨジンさんが登場するとワクワクしてしまうほどです。

悪役から検事役・母役まで幅広い要素のキャラクターを、見事に演じることができるベテラン女優キム・ヨジンさんですが、プライベートでは2004年2月にキム・ジンミン監督と結婚

バラエティー番組でキム・ジンミン監督との出会いについて「当時、撮影していた作品で演出助手を務めていたキム・ジンミンさんから食事に誘われ、自然と付き合うようになり、交際8カ月で結婚することになった」と語っています。

キム・ジンミン監督代表作

  • さよなら地球(2022)
  • マイネーム(2021)
  • 人間レッスン(2020)
  • 無法弁護士(2018)
  • カノジョは嘘を愛しすぎてる(2017)

また、所属事務所は「ストーブリーグ」「黒い太陽」のナムグン・ミンさんと同じ「935エンターテインメント」です。(2022年現在)

そして、K-POP好きのキム・ヨジンさんは、BLACKPINKのファンで、aespa(エスパ)の曲もよく聴くそうですよ。

キム・ヨジン 主なドラマ出演作

タイトル 役名 役どころ
宮廷女官チャングムの誓い(2003) チャン・ドク 医女
イ・サン(2007) 貞純王后 金氏 英祖の正室
彼らが生きる世界(2008) イ・ソウ ジュニョンの作家
私の声が聞こえる(2011) コ・ミスク/ナ・ミスク ウリの母(手話で会話)
華政(ファジョン) (2015) キム・ゲシ 宣祖、光海君付きの尚宮
雲が描いた月明り (2016) ホン・ソサ ラオンの母
魔女の法廷(2017) ミン・ジスク 検事
私の恋したテリウス〜A Love Mission〜(2018) シム・ウナ ママ友グループのリーダー格
ボクスが帰ってきた(2018) イム・セギョン セホの母,自己中心的な前理事長
新米史官ク・ヘリョン(2019) コ・イム(大妃イム氏) リムとジンの祖母
梨泰院クラス(2020) チョ・ジョンミン イソの母
おかえり(2020) ソン・ヒョンジャ ドゥシクの母
人間レッスン(2020) イ・ヘギョン 刑事
ヴィンチェンツォ(2021) チェ・ミョンヒ 検事
今日もあなたに太陽を(2023) クォン・ジュヨン 患者
烈女パク氏契約結婚伝(2023) イ・ミダム 韓服デザイナー

数多くの作品に出演し熱演を繰り広げており、もはや助演とは言えないレベルの女優さんですが、「ヴィンチェンツォ」でも強烈な演技で視聴者を釘付けにしています。

「ヴィンチェンツォ」では、敵に対して手段を選ばず徹底的に攻撃する悪の検事チェ・ミョンヒを演じましたが、「これまで演じた役の中で、役作りに一番苦労した」と明かしています。

本作を「役者人生のターニングポイントになる作品」と語るほど、徹底的に嫌われる役作りに重点を置き、今まで見たこともない役どころ(悪女)を演じたそうです。

ゆっきー
ゆっきー

コミカルなシーンは、ほぼアドリブだったようで、ジュヌ役のテギョン(2PM)さんと一緒に、笑わないように苦労したそうですよ。

梨泰院クラスでの演技との比較はこちらでご覧ください。

キム・ヨジン 主な映画出演作

タイトル 役名
ディナーの後に(1998) スニ ※デビュー作
ペパーミント・キャンディー(1999) ホンジャ
酔画仙(2001) ジノン
私の愛、私のそばに(2009) ソン・ヨンチャン博士
カエル少年失踪事件(2011) ジョンホの母
最後の子供(2018) イ・ミスク
ヘブン:幸福の国へ(未定)
ドライブ(未定) パク・ジョンスク

最新映画「ドライブ(公開未定)」では刑事を演じることになり、体づくりのためホームトレーニングを頑張ったそうです。

また、「最後の子供」では、「カエル少年失踪事件」に続き、子供を失った母親役を演じています。

最後の子供」予告編はこちらからご覧ください。

キム・ヨジン 受賞歴

開催年 映画祭 受賞 受賞作品
1998年 第19回  青龍映画賞 女優新人賞 ディナーの後に
1999年 第7回  春史大賞映画祭 新人賞 ディナーの後に
2000年 第37回  大鐘賞映画祭 助演女優賞 ペパーミント・キャンディー
2002年 第3回  釜山映画評論家協会賞 女優助演賞 酔画仙
2011年 ブイル映画賞 女優助演賞 カエル少年失踪事件

キム・ヨジン 近年の演劇

タイトル 役名
リチャード3世(2018) エリザベス女王
マウスピース(2018) リビィ・クイーン

キム・ヨジン 著書

恋愛(2012)

  • 過去1年間に直接綴ってきた文章をまとめた、初のエッセイ集
  • 社会的な問題、奉仕活動で得られた悟り、大学入学から俳優生活で経験した愛などが語られている

私が歩いた分、私の人生だ(2011)

学んだ女性(2011)

様々なキャラクターを見事に演じ、そのたびに存在感のある演技を届けてくれます。

最新作映画「ヘブン:幸福の国へ」「ドライブ」の公開が待ち遠しいですね!

created by Rinker
¥3,850 (2024/05/27 22:39:29時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました